エコチル調査 大阪ユニットセンター > エコチル調査とは何なの?

エコチル調査とは何なの?

エコチル調査とは

私たちの生活はとても便利になりましたが、その一方で人間が作り出した化学物質も身の回りに増えました。このような化学物質をはじめとした汚染物質が、私たちの健康や、次の世代の子どもたちにどのような影響があるのかなどについて、まだ詳しくわかっていません。
子どもたちが健やかに育ち、次の世代の人たちが健康で豊かな生活を送るためにも、今から対策を考え、問題があればそれを改善していく必要があります。

エコチル調査が行われる15の地域 大阪ユニットセンターについて

長期間にわたって調査を行います

エコチル調査は、2011年から2032年までの合計22年間続きます。
最初の3年間で協力者を募集し、お子さんが13歳になるまで継続してデータや試料を収集します。最後の5年間は、得られたデータの総合的な解析を行います。

大勢の方の協力が必要となります

全国で約10万組、大阪府では約8000組のお子様とご両親にご協力いただき、調査を行います。
大阪では、大阪大学と大阪府立母子保健総合医療センターが大阪ユニットセンターを構成して、調査を進めていきます。

あなたの赤ちゃんと未来の子どもたちが安心して健やかに暮らせる環境をつくるためにエコチル調査にご協力ください。

どうして必要なの?

人々を取り巻く社会環境、生活環境は大きく変わってきており、それに伴い、環境の汚染や変化が人の健康などに悪影響を及ぼす可能性(=環境リスク)が増大しているのではないかという懸念があります。
なかでも、化学物質など環境中の有害物質が子どもの成長・発達にもたらす影響について、国内外で大きな関心を集めています。

今、子ども達に何が起こっているのか?

子どもは成長段階にあり、身体が大人より小さいため化学物質の影響を受けやすいと考えられています。
実際に、ぜん息をもつ児童や肥満児童の増加、男子の出生率の低下などが、環境汚染や生活環境の変化からくる影響ではないかと懸念されています。

  • わが国における児童等の喘息被患率の推移
  • 男子出生比率の推移

このような状況を背景に、5つの分野からなる仮説を検証するために、国家プロジェクトとして大規模な疫学調査である「エコチル調査」が実施されることになりました。この調査は、世界でも有数の大規模でかつ長期的なものとなり、みなさんのご協力が何より必要となります !

  • #
  • #

どんな調査をするの?

13歳になるまで以下のような調査を行います。

これまでの調査

6.5歳以降の調査

※採血の量はわずかですので健康には全く影響はございません。
個人情報や採取した血液は厳重に管理・保管し、長期保管する血液も厳重に管理・保管いたします。

協力医療機関の一覧

大阪ユニットセンターでは、以下の医療機関にご協力いただいております。
泉大津市立病院 〒595-0027 大阪府泉大津市下条町16-1
浦川産婦人科 〒596-0821 大阪府岸和田市小松里町461-9
医療法人 老木レディスクリニック 〒596-0041 大阪府和泉市いぶき野1丁目1-11
大阪府立母子保健総合医療センター 〒594-1101 大阪府和泉市室堂町840
医療法人 笠松産婦人科/小児科 〒599-0211 大阪府阪南市鳥取中192-2
医療法人 徳洲会岸和田徳洲会病院 〒596-8522 大阪府岸和田市加守町4-27-1
市立貝塚病院 〒597-0015 大阪府貝塚市堀3丁目10-20
医療法人 定生会 谷口病院 〒598-0043 大阪府泉佐野市大西1-5-20
ながまつレディースクリニック 〒599-0204 大阪府阪南市鳥取628-1
医療法人 三友会 久松マタニティークリニック 〒596-0076 大阪府岸和田市野田町1-11-1
社会医療法人 生長会 府中病院 〒594-0076 大阪府和泉市肥子町1-10-17
りんくう総合医療センター 周産期センター 〒598-8577 大阪府泉佐野市りんくう往来北2-23
医療法人 健翠会 あかねレディースクリニック 〒597-0082 大阪府貝塚市石才552