大阪ユニットセンター

ユニットセンター長より

写真:磯 博康

磯 博康 (Hiroyasu Iso)

大阪大学 大学院 医学系研究科 公衆衛生学 教授

エコチル調査が開始し、早や6年です。大阪ユニットは、全国15ユニットの中で3番目に大きな規模で、8043人の妊婦さんと約半数のお父さんが参加し、お子さんの発育を半年ごとに伺っています。
来年には小学生になるお子さんもいます。本調査の成功の鍵は、小学校卒業までの継続的なご協力です。
何卒よろしくお願いします。

副ユニットセンター長より

写真:佐藤 拓代

佐藤 拓代 (Takuyo Sato)

大阪母子医療センター 母子保健調査室長

当センターは医療機関ですが、地域機関と連携して親子の支援を行っている公衆衛生部門があり、そこで私たちがエコチル調査を担当しています。対象市町と地理的に近いことから、特に詳細調査を行っています。
みなさまと一緒に13歳になるまで、お子さんの成長を見守っていきたいと思います。息の長いご協力をよろしくお願いいたします。

大阪ユニットセンターについて

エコチル調査・大阪ユニットセンターは、大阪大学と大阪母子医療センターとで構成されております。

大阪大学スタッフ

池原 賢代 (Satoyo Ikehara)

大学院 医学系研究科 公衆衛生学 特任講師

調査開始以来、お子さん達の成長を、調査を通して感じさせていただいています。今後ともご協力お願いします。

柿ヶ野 藍子 (Aiko Kakigano)

大学院 医学系研究科 産科学婦人科学 特任助教
担当:データクリーニング業務

周産期データを利用し、皆様に有用な結果をお返しできればと思います。

中山 尋文 (Hirofumi Nakayama)

大学院 医学系研究科 小児科学 特任助教
担当:疾患情報の登録業務

我々の調査が今後の小児疫学の一助になることに期待しています。

木村 尚史 (Takashi Kimura)

大学院 医学系研究科 公衆衛生学 特任助教
担当:大阪大学内の事務局運営

今後とも調査へのご協力を何卒よろしくお願いします。

宮嵜 潤二 (Junji Miyazaki)

大学院 医学系研究科 公衆衛生学 特任研究員
担当:広報関連

子どもの未来に貢献できる仕事ができるよう頑張っていきたいと思います。

事務スタッフ

担当:4歳~6歳までの質問票と、謝礼やプレゼントの発送

今後ともよろしくお願いします。

大阪母子医療センタースタッフ

野崎 史子 (Fumiko Nozaki)

小児科医師
担当:検査結果相談対応、疾患登録関係

医学的検査の結果など、気になることやわからないことがありましたら、どうぞ気軽にご相談ください。

北村 真知子 (Machiko Kitamura)

臨床心理士
担当:精神神経発達検査実施、発達検査結果入力

お子さんの成長を見られるので、やりがいを感じております。

楠元 里奈 (Rina Kusumoto)

臨床心理士
担当:精神神経発達検査実施、発達検査結果入力

リラックスして取り組んでもらえる様頑張ります。お会いできる日を楽しみにしています。

江口 静香 (Shizuka Eguchi)

子ども療養支援士
担当:検査時子どもケア

お子さん達が見通しをもって、安心して検査に臨めるようお手伝いをさせて頂いています。

リサーチコーディネーター
事務スタッフ

担当:詳細調査、3歳、3歳6か月の質問票

いつもご協力ありがとうございます!

お問い合わせ

エコチル調査コールセンター
9:00~22:00(フリーダイヤル・年中無休)

大阪ユニットコールセンター
平日 9:00~17:00(土日祝を除く)

メールでの
お問い合わせはこちら

ボタン:Go Top