エコチルママ、エコチルパパ、エコチルキッズの交流の広場です。

エコチルキッズのお友達から「ぬりえ」が届きました。

ぬりえを募集しています

たこチルに好きな色を塗って送ってください。応募方法はたこチルだよりのはがきを切り取り、裏面に住所・氏名をご記入の上、ご応募ください。 たくさんのご応募、待っています♪♪

※応募いただいたぬりえは返却できません。あらかじめご了承ください。

エコチル調査 おおさかユニット講演会2018 アンケート結果から-

講演会にご参加いただいた方からのご意見、ご感想を一部紹介します。

 

エコチル調査(報告)

・一つ一つの調査結果を説明していただき、全体でみた時の内容がよくわかりました。
・全体を通してどういう結果が出たか知れて良かったです。
・朝食を毎日食べれていないお子さんがいる事におどろき、悲しい気持ちになりました。母子家庭や共働きの方が多いからというのは分かりますが、もっと子どもが安心して過ごせれる環境作りを提案していただきたく思いました。
・初めてイベントに参加させていただきましたが、エコチル調査の報告が続々と出ているんだなと知るきっかけになりました。これから、研究論文なども見ていこうと思います。
・エコチル調査の事業を通して、子どもの発達や社会課題にもつながる講演を継続して頂きたいと思います。情報過多の社会の中で、母親の方が正しい情報を得て、考える事ができる機会がエコチル調査にあると思いました。
 

特別講演「子どもの社会性をはぐくむ~子供の育ちと社会脳の発達」

・これから子育てする中で知っておくと子供への接し方で生かせる内容でとても勉強になりました。
・子どもの社会脳は周りの関わりで育っていくとあらためてわかりました。これからの子育てに生かしていきたいです。
・社会脳のお話とてもおもしろかったです。もっと聞きたいと思いました。
・2人の子育てをしておるのですが、”環境”作りがとても大切だというのを改めて実感しました。感情的に怒ったり、自分のペースに子供をまきぞえにしているのを多々反省しました。
・母親としての立場で参考になることが多かったです。
・社会脳で年齢にともなっての発達の進みぐあいが少しわかり今後の子育てにいかしていきたいと思います。

7がつ17にちは、たこチルのたんじょうびなんだよ!-

みんな、げんき?
たこチルは7さいに、なったよ~!

7さいのもくひょうは、なわとびで2じゅうとびが、できるようになることだよ!

クルクルまわることは、とくいなんだ。
がんばるよ~!

ご入学おめでとう-

お子さんの小学校のご入学、おめでとうございます。
ご家族のみなさんにとっても、大きく成長されたお子さんの姿に喜びもひとしおと、大阪ユニットセンター一同、新しい環境での健やかな成長をお祈りしております。

エコチル調査大阪ユニットセンター ユニットセンター長
磯 博康

ごにゅうがく おめでとう。
きょうから しょうがくせいだね。
ぼくも いちねんせいだよ。
おともだちを たくさん つくって、げんきに たのしく すごしてね。

たこチル

小学校入学前にやっておきたいこと-

エコチル調査にご参加いただいているお子さんの中で、年長のお子さんが、この春小学校に入学されます。エコチル調査では小学生の子どもがいるスタッフに、子どもが小学校に入学する前に親としてどのような準備をしたかを聞いてみると 、「和式トイレの使用」と「雨の日の登下校」の練習をしたことを話してくれました。

まず、トイレですが、洋式トイレの経験しかないお子さんがほとんどではないでしょうか?
小学校の和式トイレは年々減ってきているものの、文部科学省の実態調査によると小学校の半分は、洋式トイレより和式トイレの方が多いようです。
そのため、入学してから小学校の和式トイレに戸惑わないように、ショッピングセンターや公園に遊びに行ったときは和式トイレにチャレンジさせたそうです。
入学前に和式トイレを使った経験があると、お子さんは安心して学校の和式トイレを使用できますね。

次に、登下校の練習です。最近は、保育園や幼稚園へは自宅から車やバスで送迎することが多くなっています。
外出時にお子さんがたくさんの荷物を持って歩く機会は、かなり少ないのではないでしょうか?さらに、雨の日に荷物を持って、傘をさして長靴で歩くことなんて滅多にないのでは?
エコチル調査室のスタッフは、雨の日に、子どもに本や筆箱を入れたリュックを背負わせ、水筒を肩からぶら下げさせて、傘を持たせ、長靴をはかせて、学校まで一緒に歩いたそうです。
「荷物を持っていると、歩くスピードがゆっくりだし、時々立ち止まったりするのよ。お陰で子どもが徒歩で学校まで、最大で何分くらいかかるかがわかったわ。」と話してくれました。

入学する前に、通学するときのスタイルで、お子さんと一緒に通学路を歩いてみませんか。通学時間や通学路、お子さんが通学するときの様子がわかるだけでなく、「大丈夫だった!」「成長したなぁ!」など、いろんな発見がありますよ。

たこチルクッキー(たこチルからのメッセージ)-

寒さ厳しい毎日だけど、エコチルキッズ、エコチルママ、エコチルパパ、元気かな?
たこチルはたこチルクッキーを作ってみたよ。

丸いクッキーを焼いて、

チョコレートでたこチルの顔を描いて、

出来上がり!!

クッキー作りはエコチルキッズのみんなにもできる作業が多いから、初めてのクッキングには最適だよ。それに、作ることで食べ物になるまでの工程を学んだり、創造力を育んだりすることもできるんだ。
時間がないときは型抜きやお絵描き作業だけエコチルキッズに取り組んでもらうといいね。
バレンタインデーが近いからパパやおじいちゃん、お友達に作ってみてね!!

たこチルクッキーの作り方

【材料】(直径5cm 約12個)

・プレーンクッキーミックス粉1袋 ・無塩バター(無塩マーガリン)45g
・卵(卵黄のみ)1個 ・チョコペン(茶、ピンク、白)・カラースプレー

【下準備】

・無塩バターは室温に戻し、やわらかい状態にしておいてね。

【作り方】

  1. 室温に戻してやわらかくした無塩バターをボウルに入れ、泡立て器などでクリーム状になるまで混ぜ、卵黄を加えてさらによく混ぜよう。
  2. ミックス粉を加え、ぼろぼろとそぼろ状になるまでゴムベラなどで混ぜ、手でしっかりとよくこねてひとまとめにしよう。
  3. 生地をラップで包み、冷蔵庫で30分程度休ませてね。
  4. 生地をめん棒で3~4mmの厚さに伸ばし、丸いクッキー型で抜こう。
    ※生地がべたつく時は、小麦粉をふってね。
  5. オーブンペーパーを敷いた天板に並べて、180℃に予熱したオーブンで10~12分くらい焼いてね。
    ※焼き時間はオーブンによって調節してね。
  6. クッキーが完全に冷めたら、チョコペンでたこチルを描いて、カラースプレーをたこチルの頭にかけたら出来上がりだよ。

 

★アレルギー対応には米粉や豆等を使ったレシピがあるよ。
参考にしてみてね!!
シンプル米粉クッキー⇒https://cookpad.com/recipe/3830448
米粉とお豆のクッキー⇒https://cookpad.com/recipe/4405282

たこチルは100円ショップで材料を買って作ったよ ♪♪

 

エコチル調査6周年記念講演会 アンケート結果から-

エコチル調査参加者からいただいた意見・ご感想を一部紹介します。

 

    エコチル調査(報告)

  • 大阪~全国にかけての統計、因子についてひかくがわかりよかったです。もしよければ、アレルギー因子の親からうまれる子供の統計(アレルギーはっせいの)がしりたいです。自分の子も、1ヵ月以下で、アトピー発症なので。
  • 質問票に記入しながら、『他のお子さんはどうなのかな?』と思うこともあったので、データを興味深く見せていただきました。(1つ1つのスライドが、もうすこし長く提示されてほしかったです・・・)
  • 食事、食物についてのデータ結果を知りたい。アレルギー関係にすごく興味があるので知りたい。

 

    特別講演「子どもの健康とICT(スマホ・タブレット)とのつき合い方」

  • ネット依存で脳が変化すると聞き驚きました。6才の娘にも簡単にネット視聴を許していましたが、与え方を考え直さないといけないと感じました。このような機会を設けて下さりありがとうございました。
  • 今日参加させて頂いたのは、子供にタブレットやケイタイを持たせているので気になり参加しましたが、やはりこのままではダメだなあと思ったのと、依存などの怖さを知ったので、少しずつでも短くしたりしようと考えさせられました。
  • 子どものICTの現状を知ってびっくりでした。何となくダメだ、保護者が管理しなくてはダメだと思っていましたが、ちゃんと明確に言葉によってダメだとわかったので、講演会に参加できてよかったです。大阪と全国の比があらわれていたので、びっくりしました。
  • スマホは、今では何気なく(何も考えずに)使用していて、子どもも興味を示しています。あまりスマホの使用を軽視せず、重要な問題として受け留めたいです。
  • スマホについては使用が低年齢化している中、あることがあたり前の生活。でも、与えたことによる危険性を理解し、親を含めて伝えていく必要があると感じました。親と子、人と人が向かい合い、繋がっていくことの大切さを感じ、その心地良さ、心強さ、楽しさを伝えていきたいと思いました。

わたなべさんは、鬼より強い?-

もうすぐ節分ですね。節分といえば、「わたなべさんは、豆まきをしなくてもいい!」という言い伝えを知っていますか?
平安時代中期の武将、渡辺綱(わたなべのつな)が、鬼の腕を切り落とし、鬼退治をしたことから、鬼たちは渡辺一門を恐れ、子孫にも近づかなくなったそうです。
渡辺姓の中には、「鬼を退治する必要がないので豆まきはしない。」という人がいるそうですよ。渡辺さんだけではなく、「渡部さん」「渡邊さん」も鬼は嫌うらしいです。
でも旧姓が「渡部」のエコチル調査室スタッフは、「子どもの頃、豆まきしてたよ、楽しいやん(笑)」と言っていますので、気にする必要はなさそうです。

新年のご挨拶-

あけましておめでとうございます。
エコチルキッズとご家族のみなさまにおかれましては、穏やかな新年をお迎えになられたことと思います。
この寒い季節になると、平成23(2011)年1月末日にエコチル調査のリクルートをスタートしたことを思い出します。生まれた子どもさんが13歳になるまでフォローする、日本でいまだかつて行われたことのない長期かつ大規模調査ですが、大阪ユニットセンターでは8043人の妊婦さんが参加してくださいました。
開始年度の平成23(2011)年度にお生まれになった子どもさんは、4月には小学校に入学します。こころから子どもさんの成長をお喜び申し上げます。
さて、子どもさんが大きくなるに従い、エコチル調査を小学校や地域の方々に広く知ってもらうことが大切になってきました。家族の中の子どもでありながら、保育所や幼稚園・学校での生活が長くなり子どもは自分の力で世界を広げていきます。すでに、自分がエコチル調査に参加していることがわかっている子どもさんもいます。
私たちは、エコチル調査に最後まで多くの方のご参加をいただくには、調査参加者のみなさまの並々ならぬご協力と共に、地域関係機関のご理解とご協力が重要と考えています。平成30(2018)年も、大阪ユニットセンターではエコチル調査の参加者や関係機関のみなさまに、調査でわかってきたこと等を中心にさまざまな催し物を開催してまいりたいと考えています。
どうぞ本年もエコチル調査に引き続きご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 
大阪ユニットセンター 副ユニットセンター長 佐藤 拓代
(大阪府立病院機構大阪母子医療センター 母子保健調査室長)

年末のご挨拶-

日頃より、エコチル調査にご協力いただき誠にありがとうございます。
平成29(2017)年も残りわずかとなりました。本年はご参加いただいているみなさまとのたくさんの出会いがあった年でした。特に夏の子ども映画上映会では、多くのお子さんに参加いただきました。お子さん達の成長した姿を拝見し、大変うれしく思いました。
また、本年秋には、大阪ユニットセンターの活動をよりタイムリーにお伝えするために、ホームページのリニューアルを行いました。来年はこのホームページを通じて、イベントや子育て情報などの情報を、これまで以上に提供していけたらと思います。
エコチル調査にご参加いただいているみなさまには、来年も引き続いての質問票調査へのご協力をお願いするとともに、イベントへのご参加、ホームページへの投稿など賜ることができればと思っております。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆さまにとって良い年となります事をお祈り申し上げます。

 
エコチル調査大阪ユニットセンター 一同

ミーティング(大阪大学)-

10月17日にミーティングが開催されました。大阪大学にあるユニットセンター事務局では月に一度、ユニットセンター長、教員、スタッフ、大学院生が集まり、情報共有や今後の方針について話し合っています。

今回のミーティングでは、次回発行分のニューズレターや今後開催予定のイベントについて取り上げました。皆さまに少しでもエコチル調査に参加してよかったと思っていただけますように今後も頑張っていきます。

お問い合わせ

エコチル調査コールセンター
9:00~22:00(フリーダイヤル・年中無休)

大阪ユニットコールセンター
平日 9:00~17:00(土日祝を除く)

メールでの
お問い合わせはこちら

ボタン:Go Top